新築物件をお得に購入するための値引とテクニックの情報サイト

値引き可能物件なのか判断するポイント

通常、新築で物件を購入する場合、ほとんどの方が高額な住宅ローンを長期に渡って背負ってしまいます。
こんな高額な買い物はふつう、一生涯に一度か二度くらいのものですよね。

まして、これからのローンの金利も考えると、初めてマイホームを購入される方にとっては、思い描いた物件が「すこしでも、値下げしてくれないか」と考えるのは自然なことです。
では、実際には新築物件は「値下げ」してもらえるのかどうか、調べてみた結果、すべての物件において「値下げは可能」と言い切ることはできませんでした。

ただ、物件の状況と、タイミングによっては、大きな値引きができる可能性があるため、交渉は試す価値がありそうです。

でも、果物や野菜を買うように「これ、もうちょっと安くならない?」とか「2つ買うから安くしてもらえませんか」という「値切り」を前提にして、不動産物件を購入できるのかというと、そんなに簡単にはいかないのが新築物件です。

実際には、まったく値段交渉の余地のない物件もあります。
そのような物件を前にして、値引き交渉で食い下がってみたとしても、結局、徒労に終わってしまうだけです。
まず、客観的に値下げできる物件か否かを判断する必要があります。

例えば、戸建てであれば「建売物件」「分譲や注文住宅」、マンションであれば、着工前後や完成後の「新築マンション」など、購入のタイミングでも状況が変わります。
そして、仲介業者が入っているどうか、値下げ交渉ができるか否かを判断するには情報が必要です。
つまり、アンテナをはって情報収集し、そのうえでタイミングを見計らって値下げ交渉をする必要があるという事です。

ここでは、「値下げ交渉」可能物件かどうかの判断と可能な場合の「交渉のポイント」をまとめてみました。

新築物件の「値下げ交渉」はやってみる価値あり!

通常、新築物件を購入する際、誰しも良い物件を「安く手に入れたい」と思うのは当然のことです。 ただ残念ながら、やみくもに値引き交渉をしてみたところで、難しい点はあるようです。 まず、値引きでる物件かどうかを見極めるポイントと、値引きの交渉術を調べてみました。

値引交渉のポイントとタイミングのまとめ

なんと言っても、値引きをしてもらえるかどうかは担当の営業さんの気持ち次第です。 ここでは、具体的な値引きの交渉のポイントや話のタイミング、そして値引きがかなわなかった場合の対処方法などをご紹介します。 とにかく、担当の営業さんが「この人に売りたい!」と思わせる「お客様」になるのがコツですよ。

売れ残った物件をさらに値下げする交渉術

なぜか、販売日からしばらくすると、完売せずに売れ残ってしまった物件が値引されていることがあります。 最初の価格で売れなかったのはなぜか、その原因さえわかれば、更に値下げ交渉が可能となります。 「この家に何があったのか」を調査して、大きな値下げを狙いましょう。