新築物件をお得に購入するための値引とテクニックの情報サイト

新築物件の「値下げ交渉」はやってみる価値あり!

値引き交渉を進めるべき物件を知る

既に完成された物件が目の前にあり、完成直後の物件以外なら、値引き交渉は積極的に行うことをおススメします。

ただ、人気の高い物件の場合は、そのままの値段で即決購入するケースが多くなり、「値引き交渉自体」が無意味になってしまう可能性が高いです。
販売側としてはそのままの価格で購入してくれる方へ売りたいのが当たり前ですよね。
そのため、このような物件はほとんど値引きの対象にはなりません。

また、分譲が開始されたばかりの物件についても値引きは困難です。
最初から、気前よく値下げしてくれるのであれば、物件のもともとの価格自体、適正価格なのか、疑ってしまいますよね。

では「あまり人気のない物件」はどうかと言うと、分譲開始から日が経つと、100万円単で大きな値引きが可能な物件も出てくるようです。
驚いたことに、最後は1千万円以上の値引きが可能になった例もありました。

これなら、大きな値引きができる可能性がありますね。

そこそこの人気物件を値引き購入できるか

では不人気な物件ではなく、そこそこ人気のエリアに建設中のマンションや建売などではどうでしょう。
「立地も悪くない」「モデルルームもいい感じ」という物件で「値引き交渉」は可能かどうか調べてみました。

通常、このような物件で「値引き」が出来たとしても、大きな値引きは出来ないことが多いようです。
ただ、売り主や仲介業者の都合で完成前に「完売したい」などの背景があれば、割引率が高くなることがあるようです。
例えば、建設会社や仲介業者の決算月のタイミングである場合などは、無理しても売りたいという思惑から、値段交渉に応じてくれる可能性があるようです。

また、仲介業者の場合、物件の割引とあわせて、仲介手数料の割引してくれる場合があることのこと。
物件購入の際は、売り手側の状況も踏まえて、値段を交渉してみましょう。